喜ばれるスタンドフラワーの選び方

MENU


>人気デザインの1万円スタンド<

相手のイメージに合わせた花

スタンドフラワーの贈り物をするなら相手に喜んでもらいたい。そのためにも、送り先のイメージに合ったスタンド花を選びたいですよね。
スタンド花は飾るギフトですから、送り先のイメージを損ねるアレンジがされたものはあまり良い贈りものとは言えません。

 

スタンド花のメインはもちろん花ですが、選べるのはそれだけではありません。ベースとなるスタンドの部分にもこだわることが可能です。
贈るお店の雰囲気に合わせて、花にもスタンドにも配慮がされたものを贈ることができれば、あなたの気持ちはより伝わって、相手に喜んでもらえるでしょう。

 

こだわるとは言っても、初めてのスタンド花選びはわからないこともたくさんあるかと思います。送り先の雰囲気や規模、そして自分の希望をある程度伝えておいて、あとはフラワーショップにお任せしてしまうと大きな失敗はしません。
むしろあまりに細かく指定しすぎると、スタンド花を作成してくれるスタッフがイメージを膨らませる余地がなくなってしまう可能性があります。

 

例えばスタンド花に使用する花について、自分や送り先の好きなものをたくさん挙げて指定したとします。好きなものをふんだんに入れたのだからよいものができると思ったら大間違いです。
全ての花を一つのスタンド花に盛り込もうとすると、どうしても色合いに品がなくなってしまったり、全体のバランスが変になってしまいます。
結果、完成して届いたスタンド花がやけに貧相だった、華やかでなかった……なんてことが起こるかもしれません。

 

そんな悲しい事態を引き起こさないためにも、自分のイメージや希望をある程度つたえるのにとどめておくことをおすすめします。
どんな場にどんな花を、この花には何が合うかは、言うまでもなくフラワーショップのスタッフのほうが承知しています。

 

届け先の情報を伝えましょう

イメージや希望の他にも、送り先は何のお店なのかもしっかり伝えておくのは大切です。
これは指定ではなく、スタッフが花を選ぶ際の情報になります。

 

たとえば、飲食店に贈る場合、香りの強くない花や花粉の出ない花をあしらうと迷惑になりませんよね。
このように、注文の際に「送り先は飲食店である」ということを伝えておいて、あとはフラワーショップのスタッフにお任せしましょう。
情報があれば、スタッフは飲食店に飾るのに適したアレンジをしてくれます。

 

まったくこだわってはいけないというわけではありません。
もしも届け先のイメージに合わせて、旬ではない花や珍しい花などをどうしても使いたいと思ったならば、少し早めにフラワーショップに相談してください。
お花を取り寄せる必要が出てくるかもしれません。

 

遠方へ花を贈るとき

送り先が遠ければ、通販を利用して贈ることになることになると思います。
その際には通販サイトや広告などの完成イメージ写真を見て選ぶことになりますね。

 

おそらく、実際に完成するスタンド花は、そのイメージ写真に近いものが出来上がるでしょう。
しかし、写真と完全に同じものが納品されるとあたりをつけていてはいけません。

 

使われる花は生花ですし、アレンジするのも人間です。
アレンジするスタッフが違ったり、配達状況が悪かったりなど、その時その時で出来上がりが異なることは当然考えられます。
スタンド花は生花ゆえに返品、返金ができない商品です。
通販サイトを利用する際は、写真はあくまでイメージだということを頭に置いて選んでください。




>人気デザインの1万円スタンド<