花色とお祝いの関係

MENU


>人気デザインの1万円スタンド<

お祝い用途にふさわしい花の色

お祝い花の色マナー

開店祝いというものは希望に満ち溢れた明るいイメージがあるものです。

ですから、お祝いに花を一つ贈るにしても何でも良いというわけにもいきません。

 

例えば、自分が好きだからという理由で用途に不向きな花を贈ることは避けましょう。
せっかくのお祝いムードに水を差してしまうような贈り物をしてしまうと、目も当てられないということになってしまいます。
そんな贈り物で気をつけておきたいことがあります。

 

それは贈り花の色です。

 

例えば、

 

新築祝いの贈り物で火を連想させるようなもの、花で言えば赤い色の花などは、火事を思い起こすので贈り物として選ぶのはダメだと言われています。

 

つまり、いくら赤い花が好きと言っても、慣習から考えると新築祝いには基本的に赤いものはやめたほうが良いということになります。
赤ばかりの花というのも選ばないほうが無難ですし、花のラッピングも赤というものはなるべく避けなくてはいけません。
更に細かく書くと、花だけでなく小物やちょっとした灰皿なんかもダメというわけです。

 

慣習やマナーに関係なく贈れる花

先方の希望やテーマカラーが赤の場合はこのような慣習は関係ありません。
また最近はお祝いの赤色を好んで使う傾向にあります。

 

唯一、新築祝いには赤い色の贈り物は避けるようにしたほうが無難です。

 

では、どんな色が良いのでしょうか。

 

基本的には赤以外の色のものならそんなに気にすることもないようなのですが、一番良いのは白だと言われています。
白色のイメージというのは何にも染まっていない清潔な感じや明るいイメージを与えます。

 

実際に花を贈るとしても胡蝶蘭にしてもアレンジフラワーにしても基本となるのは白い色の花です。
決して赤い花というものは入ってこないと考えても良いでしょう。

 

赤い色の代わりとして入れても良い色の花というとピンク系の色の花ということになります。
暖色系の色が入った花や品物を贈りたいと思うのならピンクやオレンジなどを基調とした色のものを入れると良いということです。

 

贈り物の色で開店祝いのイメージを悪くしてしまわないように気をつけたいものです。




>人気デザインの1万円スタンド<