お祝い花が届くタイミングについて

MENU


>人気デザインの1万円スタンド花<

お祝いの花はいつ届ければいいの??

スタンド花を贈るタイミングについて、開店祝いを例にして解説しています。

 

開店祝いを贈る時はそのタイミングというのも大切になります。
プレオープンやグランドオープンに間に合わなかった、知らなかったという場合は仕方がないのですが、後日になってから開店したことを知った場合は遅れてでも贈るのがマナーです。

 

開店祝い花

 

通常であれば正式なオープン日に合わせてスタンド花などを手配するようにします。
直前であれば贈るタイミングは指定できない場合がありますが、1週間前程度にわかっているときは日時指定をしましょう。

 

最も良いタイミングについて

プレオープンでお客様を招待するようなシーンでは「当日までに届ける」のがマナーです。
間に合わなければグランドオープン前までに届くようにしましょう。

 

祝花の場合は前日夕方か、当日午前中が最もよいタイミングです。

 

開店祝いのスタンド花を手配するときは、花の性質を考えるようにすることも大事です。
鉢植えはすぐに枯れることがないので問題ありませんが、スタンド花は生花なので急ぎすぎてもいけません。

 

最も見頃なタイミングは前日午後から当日午前中と覚えておいて下さい!

 

花の場合は早過ぎるのは控えましょう。店舗が出来上がりもしていないのに開店祝いを贈っても邪魔になるだけです。

 

花以外の場合は、開店の1週間程度の前ならほぼ店舗も出来上がり完全にオープン前の準備段階になっているでしょうから、この時期からなら贈っても良いのではないかと思われます。

 

開店祝いの花を届けるタイミングまとめ

贈り物によっては開店1週間前に届いても全く問題がないとう場合も有るでしょうが、開店祝いの代表格でも有るフラワーギフトは開店前日頃に届くように心がけましょう。

 

早く届きすぎるとオープン時には枯れてしまっているということにもなりかねないからです。
また、開店時のお花などはお店の彩りを飾るデコレーションにもなります。

 

そうしたものは開店前日には届いていたほうが贈られた側も落ち着いて飾ることが出来るというものです。
開店当日に届いてしまうと、それでなくとも忙しくバタバタしているのでせっかくのフラワーギフトが飾ってもらえないという憂き目にあう可能性も出てきますので注意しましょう。




>人気デザインの1万円スタンド花<