MENU


>人気デザインの1万円スタンド<

お祝い花を贈るときにおすすめの花屋

人気スタンド花画像

お祝いの花を注文したいけど、気に入ったデザインの花がなかったり、予算が合わなくて小さなフラワーアレンジになってしまったり、時間がなくて間に合わなかったことはありませんか。

 

ここで紹介する花屋を利用すれば、激安価格でもボリューム感があり、最短即日のスピード配達でお祝い花を注文できます。

 

「今注文するといつ届くのか?」「値段はいくらなのか?」「配達はどこまでできるのか?」など、はじめての注文で不安な方も安心です。

 

業界最安値の1万円で東京・大阪・名古屋・福岡(一部地域を除く)は最短当日、全国へ最短翌日にお届けできます。

 

花選びに自信のない方でも「デザイナーおまかせスタンド」があるので安心です。
予算を決めて花を選べば、用途に合わせたお祝い花を簡単に贈ることが出来ます。

 

スタンド花おまかせ

 

年間数万件の実績で、あらゆるシーンに最適なスタンドフラワーを今すぐ贈ることができます。

 

スタンド花をどこで注文しようか迷ったときにおすすめの花屋を紹介していますので注文時の参考にしてください。

 

おすすめの理由

当日スタンド花最短当日配達&業界最安値の1万円から最高級の5万円以上まで
最安値スタンド花お届け時間帯指定OK&回収無料
人気スタンド花一流企業・芸能界御用達の豪華でおしゃれなデザイン
芸能人スタンド花ネット申し込みで総額から3%割引と無料会員登録で500円割引
おしゃれスタンド花迷ったときのデザイナーおまかせスタンドで安心

 

 

スピード配達&おしゃれデザイン

・東京23区・大阪市・名古屋市・福岡市は最短当日、全国配送は最短で翌日に届きます。

 

・自社便でお届けしたスタンド花の撤収、回収は無料で行なっています。

 

・豪華で安く、デザインもおしゃれなフラワーギフトが贈れると評判の花屋です。

 

業界最安値なのにデザインセンスが良いため、多くの一流企業や芸能人も利用しています。
最高級の花を使用した豪華版もあるので、どのようなシーンに贈っても安心のおすすめスタンド花です。

 

値段はどのくらい安いの?

スタンドの通常価格は15000円ですが、5000円も安い1万円からオーダーできます。
年間数万件という業界トップの受注実績により、豪華な花を安く大量に仕入れることに成功しています。

 

また、ネット申込みで新規会員登録(ワンクリック)するだけで「500円割引」と総額から「3%割引」でさらにお得に注文できます。

 

領収書を発行していますので、お急ぎの場合は法人利用でもフリーメール等でのネット申込みがお得でおすすめです。

※電話注文・FAX注文では割引は受けられませんので注意が必要です。

 

値段が安く豪華と評判

「こんなに豪華なのに、この値段でいいの!?」と思うほどのスタンド花です。
他から届く花に負けたくないときにおすすめの「最高級豪華バージョン」も用意されています。

 

 

豊富なバリエーションから値段や色味で選ぶことが出来ます。

 

どれにしようか迷ったときは売れ筋人気ランキングを参考にしてください。

 

スタンド花人気ランキングスタンド花の人気ランキング

スタンド花に差があるのはなぜ?

同じ金額でも花屋によって差が出るのがスタンド花です。依頼する花屋によってスタンド花の出来不出来があります。
スタンドフラワーを注文したことがある人は経験したことがあると思います。

 

例えば、若いスタッフが作るモダンでおしゃれなスタンド花と、年配の人が作る昔ながらのスタンド花では、届いた花に差が出るのは当然ですね。

 

スタンドフラワーというのは、値段が同じでも花屋(制作者)によって全く仕上がりが異なるため、どこで注文しても一緒ではないので不安な方も多いと思います。

 

例えば、値段はほぼ同じでも花屋によってこのような差が出ることもあります。

スタンド花画像

 

注文時に選んだ花と同じような仕上がりの花を贈りたいときにおすすめなのは「プレミアガーデン」です。

 

プレミアガーデンはスタンド花を全て自社で制作し配送しているため「全く違う仕上がりの花」が届くことはありません。

 

年間数万件の制作実績があり、「値段は安くてもボリュームと雰囲気は豪華!」と評判のスタンド花です。

 

画像のような胡蝶蘭入りの2段花はどのようなシーンにも合う、売れ筋人気No.1のスタンド花です。
蘭の花は存在感がありながらも明るい印象のものをチョイスしているところに実績の多さを感じます。
合わせる葉物も大きくて個性的なものを数種類組合せると豪華でモダンなイメージを演出することができます。

 

プレンミアガーデンのスタンド花プレミアガーデンのスタンド花

 

スタンド花が喜ばれる理由

スタンドフラワーの良さといえば、花の種類も色もとりどりの花でお祝いの日を綺麗に演出してくれることですね。
お祝いイベントを華やかにしてくれるのがスタンド花の特徴です。

 

店舗前の祝花

 

スタンド花を贈ることで喜ばれるお祝いの場面は多くありますが、用途的には店舗の開店祝いが最も多く占めています。
オープンする店舗の前に幾つもの花が豪華絢爛に並んでいるシーンを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

有名人や会社でなくても、個人でお祝いスタンド花を贈ることは可能です。
高額な花だと思い込んでいる方もいるようですが、プレミアガーデンを利用することで1万円から注文できます。

 

花を手配する業者によって花の仕上がりも変わってきます。おしゃれだったり、エレガントな配色だったりします。
希望に近い花が作れるかは、花屋ごとに違いが出てきます。

 

花の組み合わせはセンスなので、思い通りの花を手配したい場合は、先ずは花屋を決めることがお気に入りの花を届けるために必要なことです。
良いと思った花が贈れるかは、ショッピングサイトにある参考写真を見比べて、自分が良いなと思った花を贈る、又は花のことがよくわからない場合はデザインおまかせで注文するのが失敗しない方法です。

スタンドフラワーの値段や相場について

1段のスタンドと2段スタンドの決め方

お祝いとしてスタンド花を贈るときに一番大切なのは、相手を思いやる気持ちであることは言うまでもありません。
しかし、他にも考えるべきことがあります。それは、花のボリュームです。

 

スタンド花には1段のものと2段のものがあるのはご存知でしょうか?
1段というのは、上の段だけで作られたスタンド花のことを言います。開店祝いに贈られるスタンド花は、その多くが1段です。

 

スタンド花1段

 

最もオーソドックスで利用されるのが多いタイプです。

 

スタンド花は1段でも華やかな印象がありますが、2段のものは上下に花がアレンジされているため、さらにボリューミーになるのです。

 

スタンド花2段

 

1段のものよりももっと豪華な花を飾ってあげたいのであれば、2段のスタンド花を依頼するとよいでしょう。

 

スタンド花1段と2段の比較

 

開店祝いのスタンド花の値段は、1段のものだと15,000円からが相場になります。
さらに見栄えの良い2段になると、20,000円〜25,000円ほどになります。

 

スタンド花2段を並べた画像

 

2段のスタンド花は、一般的にお祝いの時に使われます。
2という数字には「重なる」「繰り返す」といった意味もありますから、お悔やみに贈るものとしては縁起が悪いとされているためです。

 

開店祝いなどのお祝い事でスタンド花を贈る際には、お祝いにふさわしい花になるように気を付ける必要があります。
花屋にお祝いであることを説明し、お祝い用のスタンド花をアレンジしてもらうのがよいでしょう。

 

スタンド花1段開店祝い

 

花屋によっては、値段交渉に応じてくれるところもあるようです。
また、名札を無料でサービスしてくれるところも多く、お届け後の回収も無料で行ってくれるようです。

 

開店スタンド花

 

ちなみにこのスタンド花、お店によってはスタンドフラワーや花スタンド、段花などと呼ばれていることもあるようですよ。

 

スタンドフラワーが最も多く利用されるシーン

開店祝いのスタンド花

コンビニやスーパーが新規オープンするときの開店祝いとして喜ばれるのは、視線を集めてくれる大きなスタンド花です。

 

開店祝いにスタンド花が喜ばれる理由は「宣伝効果」です。
店の前に鮮やかで大きな花があることで注目が集まりますね。

 

開店祝い

 

お店がオープンしたという大きなアピールになりますので、お店側にとっても宣伝と集客効果があるという理由でとても喜ばれています。
スタンドフラワーが喜ばれている用途の代表としては、開店祝いやコンサート祝いがあります。
アーティストの公演祝いやグランドオープンする店舗の前に、たくさんの花が豪華絢爛に並んでいる場面を目にしたことがあるかと思います。

 

公演祝いのスタンドフラワー

 

花を制作する店によって完成したスタンド花の形は明らかに違ってきます。
シンプルで洗練されたイメージだったり、デザインがおしゃれだったり、ボリューム重視だったり。

 

でも中には残念な出来のものもあります。これは選んだ花店でその良し悪しが決まるからです。

 

色使いやバランスはセンスなので、喜ばれる花を届けたいときは、先ずは花屋の選定が大事であり、満足度の高い花を届けるポイントになります。

スタンド花の取扱店を検索して調べてみました

「スタンド花」で検索したときに表示されるスタンドフラワー取扱店をまとめてみました。
ネット上にある口コミや個人的な感想などを書いていますので利用する花店を選ぶときの参考にして下さい。

 

  • biotop(ビオトープ)
  • 大阪・心斎橋の花屋

    大阪・心斎橋の花屋

     

    値段は安いですが、配送は大阪だけで全国配送が出来ないようです。

     

    スタンド花にはとても特徴があり、夜のお店へのお祝花をメインにされている印象です。

     

    ホームページの他にSNSやLINE@を使って情報発信しているようです。

     

    口コミサイトの評判は載っていませんでした。

     

     

     

  • ビジネスフラワー
  • ビジネスフラワー

    配送先は東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市に限定

     

    支店が主要地域にあるようなので夕方注文でその日に届く場合もあるようです。急ぎのときはいいかもしれません。

     

    スピード配達しているようですが、スタンド花の値段とボリュームなどの仕上がりは一般的なものと思います。

     

    花材や色合いは全ておまかせなので、注文主の希望は受付けていないようです。

     

    口コミサイトを確認するとビジネスフラワーの評判は分かれているようです。

     

     

     

  • 花キューピット
  • 花キューピット

    全国約4000店の花屋が集まっているフラワーショップのモール的なサイトですね。

     

    全国の花屋経由でスタンド花が送れるようですが、値段は普通かやや高めのようです。

     

    花のカタログで規格が統一されているようですが、口コミを読むと担当する花屋によって仕上がりはまちまちのようです。

     

    急いでいるときや届先地域のマナーや習慣を重視した花を贈りたいときは良いかもしれません。

     

    口コミサイトの評判を読むとちょっと心配な感じもします。

     

     

     

  • フラワーショップリラ
  • フラワーショップリラ

    東京都内限定で即日配達を行っている花屋ですが、スタンド花の全国配送はしていません。

     

    バラを使ったハート型スタンドフラワーをメインに作っているようです。他と違うスタンド花を東京で探している人には良いのではないでしょうか。

     

    デザイン的にきれいなのですが、値段もそれなりに高めだと思います。

     

    口コミサイトの評判は載っていませんでした。

     

     

     

  • 日比谷花壇
  • ここのスタンド花は法人利用限定のようです。

     

    スタンド花は全国へ贈れるようですが、「花の配送は全国の花屋から・・・」と書かれているので、ここで注文しても違う花屋が担当するのかもしれません。

     

    サンプル画像を見ると、大きめの葉物が目立っていて立派ですが、花のボリュームは少ないような感じを受けました。

     

    値段は15000円(税、送料別)以上からとなっていました。

     

    口コミサイトの評判はほとんどありませんでした。

     

     

     

  • Jepung(ジュプン)
  • 配送は東京都内限定で主にイベント向けのスタンド花を制作している花屋です。スタンド花の全国配送はしていません。

     

    様々なデザインのスタンド花がサンプル画像で見ることができます。

     

    値段は安くはありませんが、お気に入りのスタンド花が見つかるかもしれません。

     

    ちょっとこだわったスタンド花を東京に贈りたいときは参考にしてみてください。

     

    口コミサイトの評判はありませんでした。

     

     

     

  • イーフローラ
  • 全国約1300店の花屋がネットワークで繋がっている注文サイトですね。

     

    全国の花屋がそれぞれ作ったスタンド花が送れるようですが、値段は普通かやや高めのようです。

     

    最短当日配達もしているので、加盟している花屋が届け先近くにあって、急ぎの花を贈りたいときは良いかもしれません。

     

    口コミサイトの評判は良いものと悪いもの半々でした。

     

     

     

    スタンド花おすすめのサービス

    お祝いにスタンドの花が喜ばれる理由

    「今回贈って貰った花がとても喜ばれた」というお客様の声をいただくととても励みになります。

     

    繁華街では誕生日用のスタンド花がよくオーダーされます。「プレミアガーデンのスタンドは大きくてデザイン性が高いから」と全国から注文が入ります。

     

    たくさんある花屋の中からプレミアガーデンを選んで頂いた、その期待にお答えできるように、季節感のある花に、枝物、葉物を合わせて大きく見せ、ボリュームを出すことにこだわっています。
    特にパーティー会場に設置するスタンドの花は「華やかでゴージャスできらぴやかに」作ることを心がけています。

     

    喜ばれているのは大きな花材です。
    モンステラやセローム、カークリコなど、個性的な面の葉物を使用すると他の花と比べて存在感を放ちます。

     

    お客様からの注文でいくつもプレミアガーデンのスタンドが並ぶこともありますので、花材使いや色使いでどう差をつけるか、常にアイデアを考え工夫しています。
    開店祝いなどのスタンド花には季節感を感じてもらえるように、花と葉物、枝物でうまく表現を心がけています。春は桜、夏はグリーン、秋は紅葉など、色味を生かしながらバランス良くアレンジします。

     

    喜ばれる色とは?

    夏の人気はヒマワリのスタンド花です。男女問わずに人気のひまわりは元気なビタミンカラーとして目を引きます。夏限定の花と色ですので人気があります。

     

    通年人気があるのはピンクや赤系の仕上がりになります。女性の好きなピンク系スタンド花はラインナップを多めに揃え、好みの色合いが見つかるように展開しています。
    その他、胡蝶蘭入りのスタンド花は季節やシーンに関係なくオーダーの多い人気商品になります。通常のものより値が張るにもかかわらず、毎日のようにオーダーを頂いています。

     

    「スタンド花が単に派手さや大きさ重視ではなく、デザイン性も要求されるようになってきた」「値段が安く、よりオリジナリティのある花」「チープさをなくし、ワンランクアップして差別化」との理由から、大きめの花と葉物をメインにしてきたことが受注数増加の要因となっています。

     

    スタンドの設置から回収まで

    最近、お客様から頂くご質問で多いのがスタンド台の回収対応です。
    弊社は業界で唯一、スタンド花を宅配便で全国発送していますので、発送した場合は回収が難しいのですが、お花に同封するお取扱説明書には台の取扱いも記載しております。
    尚、弊社で直接配送したスタンドにつきましては引き取りを行なっておりますのでご安心下さい。

    スタンドフラワーの制作とデザインについて

    スタンドフラワーを作るときのテクニックに、グルーピングと言うものがあります。グルーピングとは、同じ種類の植物材料をグループにし、まとめて塊で見せながら、全体をバランスよく構成していくテクニックです。
    グループとは、複数の花や葉物の集まりです。各要素は、なんとなくグルーグを構成するのではありません。最低でも一つの共通性や関連性(種類や色など)を持ってグループを形成します。
    自然風景の一場面に、造形を構成するためのテクニッグや規則を発見できることは多々あります。グルーピングもその一つです。

     

    大きな空間をとらえて自然を眺めてみてください。大きな木の隣には違う種類の木々、その下には枝を横へ大きく張り出した木々があり、奥には太くまっすぐにそびえる木……。
    木々は、それぞれの生活空間の中で群れを成して生長しています。それがつまり、自然の中でのクルーピンクです。 フラワーデザインの造形要素である植物は、どのようにそれぞれの居場所を見つけ、生長しているのか?それを考えながら自然を観察することは、花屋にとって大切なイメージトレーニングです。

     

    スタンドフラワーのデザインと構造

    スタンド花のデザインには、作品の中で視覚的に日立つ部分であるフォーカルポイント(注目点・視覚上の熊点)と、構造(メカニック)を左右する構造上の焦点、メカニカルフォーカルポイントがあります。
    メカニカルフォーカルポイントとは、植物材料の生長の基点のことです。自然に則した造形の場合は生長点と呼び、一つである場合と、複数の場合があります。
    器を基準に、材料のすべての茎が1点から出ているように作ると「一つの生妊点で構成された作品」となり、個々の茎が独立した基点から出ているように材料を挿すと「複数の生長点で構成された作品」となります。
    制作の際にどちらの構成を選ぶのか、造形へのヒントは自然観察からも得ることができます。植物が土の中からどのように伸びてきているかに注目してみましょう。

     

    色の濃淡でグラデーションを形成していたり、異なった質感によるコンビネーションが、印象的に面白く映ります。
    身近な自然を観察し、自然が見せる多くのシーンのイメージをストックする習慣をつけることも花屋には必要です。花や葉をどのような構成で配置するかを決める、大きなヒントになっています。

     

    スタンドフラワーで葉物を大胆に見せるテクニック

    花の種類や品質によって事情は異なりますが、一般的には花のほうが価格は高いので、1本の花を購入する価格で多くの葉物を買い揃えることができます。
    また、花に比べて容易に躍動感を出せるため、ダイナミックなデザインも可能です。サイズや形も豊富で色々なデザインに活用できるし、簡単な加工によって現れる世界は変幻自在。
    葉物は、自由な発想を可能にするのです。
    そんな葉物使いをマスターして、手間とコストをかけずにボリュームアップする方法を採用しています。

     

    スタンドフラワーと相性が良い葉物

    レネゾーン

    レネゾーンという葉は、面の大きさとそのシャープな形が、インパクト大の葉物です。そして日持ちも最大級。
    1ヶ月以上持ちします。単価でのコスパは低いですが日持ちを考慮したコスパはかなり高いと思います。
    温度差のある場所でも日持ちするので生け込みなどには最高の葉物です。

     

    モンステラ

    面の大きさ、コスパともに最大級の葉物。しかし、その使い方は難しいです。裏当てのような使い方ではこの葉物のよさは全く出ません。
    斜め使いや巻き込みなど面の大きさを最大限に引き出せるリーフテクニックが使えます。

     

    スタンドフラワーと造形理論

    植物が持つ主張という考え方は、植物の造形理論を理解する上で、花屋が頭に入れておくべきものです。
    主張は植物の個性であり、外見だけでなく生物としての植物の本質を捉えることにつながります。
    個々の植物がどのような魅力を持っているのか考えてスタンド花を制作します。
    どの花よりも目立ち、他を圧倒しているもの、中くらいの位置にいて他に合わせようとするもの、独自の世界を持ち自由な位置を保つもの、目立たない場所で同種と仲良く平和に過ごすもの、小さくても群れずにひっそりと存在するものなど、花や葉の個性はさまざまです。

     

    スタンドフラワーの作り方で大切なのは、植物の主張を考えることです。
    主張の大きいもの、中くらいのもの、小さいもの、という3つの分類で考えます。
    大きく強い主張を持つ植物は単独性があり、少ない最でも絶大な表現力を持っています。ユリやランなどがその例です。

     

    中くらいの植物は、表現に合わせて量を多くしても少なくしても使うことができ、他の植物とコンビネーションもしやすい便利な材料です。チューリップやキクなどに代表されます。

     

    主張が小さい、弱い植物は、群生として量を使うことでその魅力を発揮します。小花や草花がそれにあたります。
    逆に少量を使うことで、繊細で弱い表現もできます。

     

    花店の品揃えを考えると、主張の大きいものをアクセントとして少し扱い、主張が中くらいのものを多く仕入れてあらゆる注文に対応できるようにし、主張の弱いものもそこそこに入れて、スタンドフラワー全体の調和をはかる手段として用いるのが一般的です。各店の商品の個性によって、スタンド花に使用する花や葉物の割合は変わってくるでしょう。

     

     

     

    スタンド花おすすめのサービス

    スタンド花関連情報




    >人気デザインの1万円スタンド<